インサイド シーナ

日々の備忘録(40代男性の場合)

日商簿記3級 試験結果と勉強時間、勉強方法、試験範囲の変更、履歴書への記載について

日商簿記

こんにちは。シーナと申します。

2018年6月10日(日)に試験がありました

日商簿記検定試験3級(第149回)

無事合格しました。 

大体約3週間後ぐらいから(第149回の場合は6月29日から7月27日の間)、インターネット経由で合否を照会できます。

本当に10年ぶりぐらいに、まじめに勉強しました。

そのため試験が終わったときには、まあ合格しただろうと冷静に考えていましたが、やはりはっきり分かると安心します。

簿記知識0の状態から約2ヶ月で満点合格した40代の私が経験したことや勉強を開始する際に疑問に感じたことを纏めていければと考えています。

これから日商簿記3級の試験を受講するあなたの参考になれば幸いです。

日商簿記3級試験結果詳細

日商簿記3級試験結果

100点でした。

日商簿記3級試験結果詳細

簿記試験について

単に簿記と言えば「日商簿記」

一般的に「簿記」と言えば、日本商工会議所が主催する「日商簿記」のことを指します。

他にも公益財団法人全国商業高等学校協会が主催する「全商簿記実務検定」を略した「全商簿記」と公益社団法人全国経理教育協会が主催する「全経簿記」があります。

大まかな区分け

「全商簿記」は商業高校の学生向けです。

「全経簿記」は「日商簿記」と同じで、社会人や普通?の学生向けです。

私は最初に調べて出てきた知名度の高い「日商簿記」を勉強することにしました。

日商簿記試験(2,3級共通)について

毎年 3 回開催されています。

  • 6月の第2日曜日
  • 11月の第3日曜日
  • 2月の第4日曜日 

※1級は6月と11月の年2回です。2月には試験はありません。

第149回の参考データ

名称:第149回日商簿記検定試験3級
試験日:2018年6月10日(日)
受験料:2,800円(税込)
事務手数料:540円(税込)
試験時間:2時間( 9:00-11:00頃)
合格基準:100点中70点以上
受験者数:18,861名
実受験者数:13,792名
合格者数:6,122名
合格率:44.4%

上記は、東京商工会議所のデータです。

全国各地の商工会議所の結果を合計した数値ではありません。

商工会議所は全国各地にあり(東京都だけでも8つあります)、それぞれで個別に数値を公表しています。 

第149回簿記3級試験受験後の所感

過去の平均合格率は40%前後です。今回の合格率は44.4%で例年通りでした。

私的には過去問と比較して今回の試験は合格しやすい難易度だったと思います。

オーソドックスな内容で変化球もなく、集計結果を答案用紙に書き写す作業において無駄に時間が掛かる類のものもありませんでした。

十分に見直しの時間がとれ、第1問でのケアレスミスを修正することもできました。 

日商簿記3級の合格に必要な勉強時間

日商簿記3級勉強時間

完全に0から簿記3級に合格するには

50時間から100時間ぐらい

必要と言われています。

40代半ばの私でも、まったく無知な状態から約2ヶ月で合格することができました。

この2ヶ月間、かなりまじめに勉強しました。

私は一度落ちると、再度受ける気力は湧かないと分かっているため、1度で済ませたいと考えたからです。

やるからには効率的にですね。

さて、6月の受験に向けて、実際に勉強を始めたのは4月頭からです。

仕事のある平日は通勤中や半身浴中にほぼ毎日合計で約1時間

休日は1日約2~3時間は勉強に費やしました。

それだけかと思われるかもしれませんが、仕事をしながらですと、かなり頑張った方だと思います。

改めて計算すると、大体80時間ぐらい勉強したことになります。

平均ですね。

微妙に計算が合わないのは、5月の大型連休は当初の意気込みとは違い、旅行に行ったりして遊び呆けたからです・・・・・・。

合格したので言えますが、メリハリも大事ですよね。

日商簿記3級の勉強方法

後述していますが、私は元々チラシを見て簿記を知ったということもあり、簿記の勉強にいわゆる「通信講座」を(生まれて初めて)利用しました。

これまた勉強して合格した後だから言えるだけだと思いますが、

簿記3級は独学でも十分合格できる

とは思います。
ただ、仕事をしていると、勉強時間をなかなか確保することができません。
何も簿記について知らない段階で、独学であれこれ調べながら試行錯誤したり、本当にこの勉強方法でよいのか悩んだりする、その時間が非常に勿体ないと私は思ったのです。

また、仕事終わりに自宅で机に向って書籍やテキストを開いて勉強できるだろうか?

と考えたとき、私には(仕事の疲れを癒すのに株価や動画も見たいです)まず無理だと思いました。
1日、2日ぐらいならできるでしょうが、続けるのはとても無理です。
しかし、通勤中や半身浴中など他のことが出来る(スキマ)時間に講座をスマホで視聴するぐらいなら平日でも毎日出来るだろうと思ったのです。

学生や若い方、時間を取れる方は独学でもよいと思いますが、大人は大人の力を使いましょう。

おすすめの通信講座は?

さて、通信講座を利用するとは決めましたが、初めてのことでしたので失敗してもよいように出来ればお得な方がよいです。
「簿記3級」の通信講座は数えきれないほどありました。

いろいろ調べた限り、以下の「通勤講座」が条件に合う中では圧倒的に安かったです。 

本当に安い。税込2,980円(2018年10月現在)。心配になるレベルです。

安いことが不安になるかもしれませんが、大丈夫です。
「日商簿記」の3級試験は(受験当日に知りましたが)受験者も多い大人気の(自社に誘導する稼ぎ頭の)資格ですから、各通信講座会社も力を入れています。
そして簿記試験は攻略法がしっかり確立されていますので、どの会社の通信講座でも内容には、おそらく大差ないでしょう。(実際に比べてはいません。念のため。)


選ぶポイントは、自分のスタイルに合うかどうかのみです。
私のポイントは、スマホでいつでも視聴できること(と価格)でした。
「通勤講座」は無料(適当なメールアドレスのみ)で、実際の講座も試すことができます。
自分に合うか、自分のスマホで想定する利用シーンで問題なく視聴できるかを事前に確認してから決めることができます。自分に合ったものを探してください。

なお、大抵の通信講座は対応していると思いますが、再生速度の変更(繰り返し見ますので1.5倍速に出来るものがおすすめです)と画質変更(パケット通信代対策)が出来るものを選んだほうがよいです。 

最後の仕上げに過去問題集のすすめ

以下の記事で私が実際に使用した過去問題集を紹介しています。

単なる過去の問題を纏めただけの問題集ではありません。

簿記初心者の私でも効率的に勉強することが出来た良書です。

www.inside-shiina.com

試験の10日前ぐらいから過去問題集に取り組みたいです。

結局、おすすめの過去問題集を解くことが合格の近道と思います。

日商簿記3級は試験範囲改定前の今がチャンス!

チャンスとチェンジ

今年度まで(平成30年度中)の簿記3級は個人商店を想定した試験内容です。

平成31年度(平成ももうすぐ終わりますね。新元号は何になるのでしょうか)からは小規模な株式会社を想定した内容に試験範囲が改定されます。

いまでは資本金1円から簡単に株式会社を設立できるようになったため、時代に合わせて試験範囲を変更するそうです。

簿記試験は、これまでも時代の変化に合わせ、社会で使える資格(試験)を目指して、定期的に試験内容は変更されているようです。

 

さて、何がチャンスかというと、

次年度から試験範囲から外れるものは、

今年度の試験でも出題されない

(配慮するという表現ですが)ということです。

新しく加わる範囲は当然まだ出題されませんので、

実質出題範囲が狭まっている

わけです。

2018年11月の第150回、2019年2月の第151回の残り2回です。

日商簿記3級の試験範囲から除外されるもの

私は資格取得が主目的ではなかったため、出題範囲外も勉強しました。

しかし、時間がない場合、効率的に試験に合格することを考えれば、思い切って勉強範囲から除外してしまうという判断もできます。

私が受験した第149回でも該当の内容は出題されていませんでした。

ただ可能性は低いですが、出題されてしまったら。

あきらめずに何か記載しましょう。

簿記試験は部分点があります。 

実際に除外になる大きなところでは、以下があります。

  • 引出金勘定(個人商店でしか発生しない)
  • 有価証券(投資目的の保有は大企業しかしない。2級へ。)
  • 手形の裏書き、割引き(現在はほとんど利用されていない)
  • 期中の当座借越勘定(実務に合わせます)
  • 消耗品の処理は費用処理のみ(実務では消耗品費で処理する)
  • 減価償却の直接法(株式会社では間接法が必須。2級へ。)
  • 商品券勘定(個人商店で発行することはまずない)
  • 値引き処理(返品や交換するでしょう)

簿記との出会い

私は2017年9月頃から本格的に株式投資を開始しまして、今では完全に嵌ってしまっています。

趣味といってよいでしょう。 

纏まった休みの取れた年末年始に気になっていた書籍を纏め読みしようと思い、2017年の年末に実家に帰省する途中、久しぶりにリアル本屋で株関係の書籍を買い込みました。 

そのとき資格系通信講座の広告が袋に入っていたため、なんとなく電車内で見ていたところ、人気資格ランキングが書いてあり、その上位に簿記がありました。

うっすらと聞いたことがあった私は、上場企業の財務諸表(貸借対照表や損益計算書)の中身を詳しく知るのに有効なのでは?と思い、勉強してみようと思ったのです。 

現実

はい。今ではとんだ勘違いボーイだったことを理解しています。

少なくとも上場企業の財務諸表をきちんと(おかしな箇所に気づけるレベルで)理解するには、簿記2級程度の知識とセンスが必須です。

しかし、当時の私は妙にやる気に満ちており、実家でさっそく試験日などを調べました。 

次の試験は2月の第4日曜日にあり、ぎりぎり試験申込にも間に合いそうと分かりました。
纏まった休みが取れていたことで気持ちが大きくなっていた私は、すぐに受験しようと思ったのです。

しかし、さらに詳しく調べてみると、どうも100時間は勉強する必要があるらしいと。

仕事をしながら100時間もの勉強時間は確保できそうもないことと、100時間もまじめに勉強して1度落ちてしまった場合、再度受験する気にはならないだろうということは確信ができました。

結構な量の本も購入していましたし。

そのため、いったん冷静になり余裕を見て6月の受験に切り替えました。 

しかし、申込日を予定表に入れて満足した私は、購入した書籍に夢中になり、日々の生活に流され、3月末まですっかり忘れていました。

 結局、勉強期間は2ヶ月となったのですが、結果としては試験範囲的にチャンス回になりましたので、結果よしでした。 

今後の予定

いまのところ出来るだけ早く簿記2級試験に挑戦しようと考えています。

ただ、簿記2級取得に必要な勉強時間は、200から300時間と言われていて、難易度も跳ね上がります。

合格率平均は30%ですが、直近では15%ぐらいになっているようです。

なかなか癖のある出題が多い試験のようで、今回の第149回もネットでそのような声を多く目にしました。

実際合格率は15%ぐらいだったようです。 

そのため長期的に少しづつ勉強するのもありだなと、はやくもプランBを真剣に考えています。

特に何も触れない場合は、受験をやめたか不合格だったと察してください。

簿記3級資格の有用性(就職、転職)について

簿記で就活

簿記試験は就職や転職に有利という話を目にしました。

しかし、履歴書に簿記3級は書けない、書いても意味がないという話も同時に目にしますが、社会人歴が長い私から言わせれば、そんなことはないと思います。

特に新卒の方は、ぜひ記載しましょう。

希望職種は関係ありません。

むしろ経理や総務以外の場合ほど、他の志望者との差別化になり有利になると思います。

私が新卒の時は、そのような発想はまったくありませんでした。

簿記の知識がある(資格を保有している)ということは、会社のお金の流れが分かる(コストを意識できる下地のある)人材だと会社側は分かりやすく判断できます。

他の条件が同じであれば、あなたの評価が高くなるはずです。

私の会社でも日商簿記資格は部門(職種)に関係なく奨励金の対象となっています。

(自分が簿記資格を取得するまで全く知りませんでした。)

それだけ会社は、数字が分かる社員を評価するのです。

とはいえ、簿記3級を取得して評価されるのは(私の会社では)2年目までです。

3年目以降は簿記2級でないと奨励金対象にはなりません。

(別にがっかりはしていませんよ。)

それ以外には?

簿記確定申告

簿記3級は個人商店が対象でした。

つまり、個人事業主(フリーランス)の方にも有用です。

個人事業主は、自分で自分の1年間の収支を1円の狂いもなく纏め上げて、税金をこれまた1円の不足なく自分で計算してお国に支払う必要があります。

これはとてつもなく大変で地味な作業です。

この作業を支援するソフトウェアやクラウドサービスはたくさんあります。

簿記の知識がなくても何とかなるとは思いますが、簿記の知識があるに越したことはありません。

将来、個人事業主になろうと考えている人は、会社員である内に、簿記に挑戦してもよいのではないでしょうか。

次年度から個人商店が対象ではなくなりますが、簿記の基本は変わりませんので、変わらず有用です。

 また、自分は会社員でも配偶者や実家がお店を営んでいた場合、いつ自分がかかわることになるかは分かりません。検討してみてもよいかもしれません。 

ただ、非常に遺憾ながら、株式投資のファンダメンタルズ分析には簿記3級の知識だけでは、あまり役に立ちません。(もちろん無いよりはましです。)

簿記2級以上の知識とセンスが必要ですので、その点だけはご注意ください。

終わりに

今回、いわゆる「フリー素材」の画像を使ってみました。

前半(自作)と後半(フリー素材)で、あまりのセンスの違いに少しだけしょんぼりしてしまいました。

見やすくなった気がしますし、ポイントでは、今後も試行錯誤しながら利用したいと思います。

さて、せっかくブログをはじめましたので、簿記3級の復習を兼ねて簿記の記事も書いていこうと思います。 

私は勉強をはじめたときに分からないことが多々あり、結構困ったことが多かったので、実体験に基づいてこれから簿記を勉強するあなたの参考になる内容にできたらと思います。  

今年度はまだ2回ありますし、次年度から出題範囲が変わるといっても基本的な部分は変わることはありませんので、無駄にはならないと考えています。

 

それでは、また。

関連記事です。

簿記3級攻略の足掛かりとなる基本情報を纏めています。

www.inside-shiina.com

簿記試験で必須になる電卓。選んで間違いのない電卓の紹介です。

貸借一致の計算時に使えるテクニックも紹介しています。

www.inside-shiina.com

簿記試験は筆記試験です。間違いやすい誤字や脱字も紹介しています。

www.inside-shiina.com

試験までの段取りと前日や当日の過ごし方、タイムスケジュールも紹介しています。

www.inside-shiina.com

第1問「仕訳問題」について実践的な内容を紹介しています。

www.inside-shiina.com

仕訳の覚え方と簿記3級で使用する勘定科目一覧を紹介しています。

www.inside-shiina.com

配点が大きい第3問「試算表」の解き方を紹介しています。

www.inside-shiina.com

第3問と同じく配点が大きい5問「精算表」の解き方を紹介しています。

www.inside-shiina.com

必ず出題される問題に対する具体的な解き方対策です。

「貸倒引当金」問題についてです。

www.inside-shiina.com

「売上原価」問題についてです。

www.inside-shiina.com

「減価償却費」問題についてです。

www.inside-shiina.com