インサイド シーナ

日々の備忘録(40代男性の場合)

糖質制限 チートデイ実践(5回目の場合)から1ヶ月 3/3

体重測定

こんにちは。シーナと申します。 

前回(以下)からの続きになります。今回で、このシリーズは最後です。

www.inside-shiina.com

チートデイの様子は以下の記事になります。

www.inside-shiina.com

チートデイから1週間後の状況です。

www.inside-shiina.com

チートデイ実施後、1ヶ月の体重推移は以下の通りです。

スマホアプリの画面を切り貼りしていますので見ずらいかもしれません。

体重推移グラフ

赤丸で囲んでいるのがチートデイ実施の翌日です。

実施直後の1週間は気温上昇も一因にあったと思いますが、想定以上の体重の減少に少し慌てていました。

その後も気象庁に災害と認識されるほどの猛暑が続きましたが、おおむね60kg前後で推移し、7月28日現在は60.5kgになりました。  

Point

これらは体重維持を目的としたスタンダード糖質制限中のものです。体重減少を目的とするスーパー糖質制限中の食事内容ではありません。

食べたメニュー(カロリー, 糖質 or 炭水化物)

この1ヶ月にどのようなものを食べていたのか、以下に記載します。 

既出のものは省いています。雰囲気が伝わればと思います。

最後は惣菜系です。

豚タン下の七味焼き(194kcal, 2.7g)

この四面体の惣菜は総じて低糖質です。

スーパー糖質制限中には特におすすめです。だいぶお世話になりました。

普通においしいです。

豚タン下の七味焼き

豚タン下の七味焼き

ねぎ塩チキン(244kcal, 12.2g)

1個あたりの数値です。2個入っています。ボリューミー。

ねぎ塩チキン

ねぎ塩チキン

野菜餃子(52kcal, 5.7g)

1個あたりの数値です。4個入りですので、22.8gです。

スーパー糖質制限中は、ちょっと厳しいです。

しかし、おいしいですよね。

野菜餃子

野菜餃子

絹美人(95kcal, 3.0g)

納豆と一緒にサラダに入れて食べたり。お世話になっています。

絹美人

絹美人

うま辛スープの豚バラ豆腐チゲ(202kcal, 9.1g)

スープの色(真っ赤)のわりに、そんなに辛くありません。

うま辛スープの豚バラ豆腐チゲ

うま辛スープの豚バラ豆腐チゲ

カルビクッパ(195kcal, 10.6g)

絹美人(豆腐)を追加してもおいしい。主食にもなります。

カルビクッパ

カルビクッパ

ユッケジャンクッパ(209kcal, 12.3g)

同じシリーズです。ソーセージを追加もよいです。

辛くありません。

ユッケジャンクッパ

ユッケジャンクッパ

コムタンクッパ(160kcal, 2.8g)

これも同じシリーズ。糖質量は間違いではありません。

一番、低糖質です。

コムタンクッパ

コムタンクッパ

ごろごろ野菜の7種具材豚汁(147kcal, 9.7g)

お腹に溜まります。味噌汁も意外と低糖質です。

ごろごろ野菜の7種具材豚汁

ごろごろ野菜の7種具材豚汁

玉ねぎサラダ(27kcal, 6.5g)

生野菜も摂ります。糖質量としてはノーカウントにしていました。

玉ねぎサラダ

玉ねぎサラダ

大根サラダ(18kcal, 4.1g)

こちらもよく食べます。

大根サラダ

大根サラダ

スーパーノンオイルライトツナ(49kcal, 0.3g)

ツナ缶は、どのメーカーでも超低糖質。これもお世話になります。

スーパーノンオイルライトツナ

スーパーノンオイルライトツナ

サラダと一緒に。

マヨネーズは、ありがたいことに低糖質です。

マヨネーズは大さじ1杯(15g)で、糖質0.3gです。

ツナサラダ 

1ヶ月後の現状と今後

そろそろチートデイの効果もなくなり、平常運転になっています。

チートデイ実施時は61±1kgぐらいで維持したいと考えていましたが、

今は60±1kgぐらいでよいかと思っています。

(一度体重が落ちると、少し戻すだけで不安になりますね。)

 

私は現在は体重維持を目的として、糖質制限をしています。

実際に体験してみてスーパー糖質制限(60g/日)を1年以上続けることは、体に悪い影響がありそうだという思いが強くなりました。

目標体重(62kg)もクリアしましたので、数ヶ月前からスタンダード糖質制限(100g/日)に徐々に移行中です。

結果としては、この数ヶ月はうまくいっていると思います。

体重が60kgを切ると少し糖質量を増やしたり(120g/日)、60.5kgが続けば80g/日ぐらいにしたりと微調整を続けています。

(数日で変化が出たりはしませんが。)

このまま徐々に糖質摂取量を増やしていければと考えています。 

理想の糖質量

スーパー糖質制限に比べるとスタンダード糖質制限は本当に体にも精神的に楽です。

(始めた当初はスタンダード糖質制限もかなり厳しいと思ったものですが。)

スーパー糖質制限(60g/日)から考えると食べられるものが格段に増えます。

たった40gですが、本当に大きな違いを感じます。

私は元々1日2食なので、1日3食の方に比べると1食あたりの摂取可能な糖質量は多くなります。そのため現在では昼食は普通に食べる(ライスは少なめです)ことが出来るようになりました。

また、間食もしようと思えば出来てしまいます。

もちろん他で調整は必要ですし、食べられるものも限られます。

次の段階として、1日150g程度で体重がどうなるか確認していければと考えています。

1日150gであれば、ほぼストレスなく続けられそうと考えています。

とはいえ、まだまだ移行を始めたばかりですので、少なくとも年内はこのままスタンダード

糖質制限(100g/日)を続けていきたいと思います。

 

以降は以前も記載しましたが、念のため再掲します。 

糖質制限の体への影響について私の考え 

相反する学説がいろいろ出ています。

危険、老化が進む、問題ない、とさまざまです。 

それらを踏まえて、私は1年程度であれば健康にも影響は少ないだろうと判断し、

2017年4月16日から実践しました。

40代半ばでは、それよりも肥満状態の方が、危険だと考えたからです。

実際にスーパー糖質制限(1日60g)を実施して、約10か月で20kgの減量に成功しています。

現在、体の調子はすこぶるよいですし、当時悩んでいた体の不調も無くなりました。

www.inside-shiina.com

また、健康診断での数値も問題なしになっています。 

www.inside-shiina.com

ただ、スーパー糖質制限を今後もずっと続けていくのは、体にもよくない影響が出てくるだろうと考えていました。

実際に実践してみて、その思いはより強くなっています。

決して楽なものではありませんし、どんなことでもやりすぎはよくないですから。 

(私は知りませんでしたが)糖質制限は本格的なブームになってまだ数年と思います。

これから何年も続けた場合の影響も徐々に情報が出てくるのではないでしょうか。

健康面以外のデメリットは以下の記事で紹介しています。

www.inside-shiina.com

これからはじめるあなたへ

正しく糖質制限をすれば必ず結果は出ます。

しかし、結果が出るだけに、やめることが難しくなります。

私のように。 

なかなか自分自身の成功体験(の習慣)をやめるというのは難しいものです。

やめるとまた元に戻ってしまうのではないか、これまでの苦労が無駄になるのではないか、

そんなことをどうしても考えてしまいます。

それでも手探りしながら、自分にとって最適な方法を見つけていければと思います。

終わりに

このまま数ヶ月単位で様子を見ながら、徐々に糖質量を増やしていき、自分にとって体重維持に最適な糖質量を探せればと思います。

今は夏場で体重も落ちやすい時期ということは、認識しておかなければなりません。

つい調子に乗ってしまうのが、私の悪い癖ですので。

 

それでは、また。

関連記事です。

本シリーズの1回目。主食系の紹介です。

www.inside-shiina.com

他の期間に食べているものを一覧に纏めています。

主食系です。

www.inside-shiina.com

おやつ系です。

www.inside-shiina.com

スーパー糖質制限中の停滞期に行った初めての「チートデイ」の記録です。

www.inside-shiina.com

糖質制限を続けるには自分の主食を見つける必要があります。

ごはんの代わりにおすすめです。

www.inside-shiina.com

スーパー糖質制限中でも食べることが出来る丸パンもあります。

www.inside-shiina.com

コンビニで気軽に購入できるローソンの低糖質パンもいかがですか。

www.inside-shiina.com

糖質制限を長く続けるにはたまの息抜きも必要です。

www.inside-shiina.com

食費の変化は以下になります。

www.inside-shiina.com

最後にお口のお手入れも気持ちよく行いたいです。

www.inside-shiina.com